HOME > 訓子府機械工業 > 会社案内

ごあいさつ

■ごあいさつ


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社は初代松田季男が昭和25年「松田鉄工所」として創業以来、60余年が過ぎました。今日まで農業機械、食品加工機械分野において地域にあった商品研究・開発を行い、多くのお客さまにご評価、ご指示を頂戴してまいりました。これもひとえに皆さまのご理解とご指導のおかげであり、重ねて厚く御礼申し上げます。これからも、お客さまの声をめざし、地域産業に貢献する所存でございます。今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

訓子府機械工業株式会社
代表取締役 松田 和之

本社所在地

■本 社


創 立:昭和38年6月20日
商 号:訓子府機械工業株式会社
所在地:北海道常呂郡訓子府町東町1番地1
従業員数:38名(平成24年2月現在)
電 話:0157-47-2131(代)
F A X :0157-47-4330
資本金:1,000万円
工 場:本社機械工場、北見工場、車輌整備工場、石油スタンド
代 表:代表取締役社長 松田 和之

■地図

bing mapへ

事業内容

■営業品目

食品加工関連機械、装置、製作
農業機械製作
一般機械製作
プラント設備工事
水道施設麹
上下水道工事
廃水処理施設工事
土木工事
自動車販売修理及び車輌整備
石油燃料販売

特許・許認可・届出

■特許関係

特  許 定置型玉ねぎ収穫装置など      
実用新案 農作物収穫機など        
意匠登録 とうもろこし用肥料散布機など

■認可・許可

一般建設業 北海道知事許可(般-23)オ第00056号
(土木工事業、水道施設工事業、管工事業)
機械器具設置工事業 北海道知事免許(般-23)網第56号
北海道運輸局長指定整備工場 許7-35号

■届 出

浄化槽工事業(届-7)網第58号

■資格者

1級土木工事施工管理技士・・・1名
2級土木工事施工管理技士・・・3名
2級管工事施工管理技士・・・・5名
浄化槽設備士・・・・・・・・・3名
技能士(鉄工)・・・・・・・・1名
1級建設機械整備・・・・・・・1名
給水工事装置主任技術者・・・・1名
2級ガソリン自動車整備士・・・4名
2級ディーゼル自動車整備士・・2名
自動車検査員・・・・・・・・・5名
危険物取扱者(乙4)・・・・・6名

受 賞

■受 賞

昭和47年11月10日 前取締役会長松田季男が北海道産業賞献賞受賞
昭和60年5月22日 スイートコーンハーベスターの開発改良で(社)北海道農業機械工業会長賞
昭和60年5月 コーンハーベスターの開発で北海道知事表彰受賞
平成5年11月10日 優良納税法人として北見税務署署長の表彰を受ける
平成9年4月17日 スイートコーンハーベスターの開発で科学技術庁長官賞
平成10年5月21日 定置型玉ねぎタッパーで北海道農業機械工業会長賞受賞
平成10年5月 定置型玉ねぎ収穫装置の開発で北海道知事表彰受賞
平成11年4月29日 前取締役会長松田季男が黄綬褒章賞受賞
平成17年5月19日 ポテトピッカーで北海道知事賞
平成18年4月18日 オニオンピッカーと定置タッパーによる玉葱収穫体系の開発で文部科学大臣表彰
平成18年4月 文部科学大臣表彰において、科学技術賞(技術部門)を受賞
平成18年5月 玉ねぎピッカー北海道農業機械工業会会長賞受賞
平成23年5月25日 定置型玉葱タッパーで北海道知事賞
平成24年2月28日 オニオンタッパーが「第4回ものづくり日本大賞」でものづくり地域貢献賞を受賞
平成26年3月3日 経産省「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に当社が受賞
平成9年科学技術庁長官賞平成9年科学技術庁長官賞平成9年科学技術庁長官賞平成10年北海道知事表彰受賞平成11年黄綬褒章賞受賞平成17年北海道知事賞

平成18年科学技術賞平成23年北海道知事賞平成24年ものづくり地域貢献賞

沿 革

■会社沿革

  • 昭和25年9月 松田鉄工所として先代松田季男が訓子府町にて開業
  • 昭和35年8月 訓子府石油株式会社を設立
  • 昭和38年6月 訓子府石油株式会社と松田鉄工所が合併し、機械部、車輌部、設備部を新設し訓子府機械工業株式会社と社名を変更。資本金450万円となる
  • 昭和49年4月 資本金450万円を増資し900万円となる
  • 昭和52年1月 訓子府機械工業株式会社の農業機械の販売部門を独立させ、
  •        株式会社キコウを設立
  • 昭和53年6月 北見工場を新築
  • 昭和54年1月 消毒液噴霧管を考案試作に入る
  • 昭和55年1月 茎葉付玉ねぎタッピング選別機を考案製造に入る
  •        コーンハーベスター製造に着手
  •        定置型玉ねぎ収穫装置を考案
  • 昭和56年8月 定置型玉ねぎ収穫装置の特許を取得
  • 昭和56年11月 消毒液噴霧管の意匠登録を取得
  • 昭和57年1月 噴霧器の噴霧管を考案
  • 昭和58年3月 コーンハーベスターの意匠登録を取得
  • 昭和58年4月 茎葉付玉ねぎタッピング選別機を意匠登録
  • 昭和59年1月 とうもろこし刈取機を考案
  • 昭和59年4月 噴霧器の噴霧管の実用新案を取得
  • 昭和61年5月 コーンハーベスターの実用新案を取得
  • 昭和62年8月 とうもろこし刈取機の意匠登録を取得
  • 平成元年   定置型玉ねぎ収穫装置を改良し特許の出願
  • 平成2年4月 定置型玉ねぎ収穫装置の特許を取得
  • 平成4年1月 農作物収穫機を試作
  • 平成7年10月 資本金を100万円増資し、1,000万円にする
  • 平成8年1月 農作物収穫機の実用新案を取得
  •       創造法認定により「畦間自走式茎葉付玉ねぎ拾い上げ機」の
  •       試作に着手
  • 平成8年4月 地域特産農作物用機械開発事業委託
  •       自走式スイートコーンハーベスター4畦試作
  • 平成8年8月 畦間自走式茎葉付玉ねぎ拾い上げ機の試作終了
  • 平成9年1月 とうもろこし用肥料散布機を考案
  •       定置型玉ねぎ収穫装置を考案
  • 平成9年3月 畦間自走式茎葉付玉ねぎ拾い上げ機の試運転を完了し生産体制に入る
  • 平成9年10月 自走式スイートコーンハーベスター4畦試運転終了量産体制に入る
  • 平成11年4月 とうもろこし用肥料散布機の意匠登録を取得
  •        前取締役会長松田季男が黄綬褒章受章
  • 平成11年5月 定置型玉ねぎ収穫装置の特許を取得
  • 平成11年7月 車輌整備工場新築
  • 平成11年10月 本社社屋新築
  • 平成12年10月 石油スタンド新築
  • 平成15年 北海道中小企業総合支援センターの共同研究開発補助事業により
  •      自走式馬鈴薯拾い上げ機(ポテトピッカー)の開発に着手
  • 平成19年 ヤンマー農機㈱の走行台車をベースに
  •      新型のオニオンピッカー KTP1200の開発に着手
  • 平成20年 プロジェクト事業化開発支援事業により
  •      新型スイートコーン収穫機の開発に着手
  • 平成21年10月 中小企業製品開発等支援事業により
  •      高精度加工技術を活用した新型玉ねぎ茎葉処理機の開発に着手
  • 平成23年 台湾農業機械資材展に出品
  • 平成24年 グローバル技術連携支援事業により台湾向けオニオンタッパーの開発に着手。
  • 平成26年3月 経産省の「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に当社が受賞
  •        台湾にてオニオンタッパー実演会を実施。